初診
WEB予約
マタニティ
歯科検診
マウスピース
矯正
Instagram

メンテナンス(子供の予防歯科) MAINTENANCE

メンテナンス<em class='abr'>(子供の予防歯科)</em>

メンテナンス(こどもの予防歯科) ~お口の健康を守り、成長・発育をサポート~

こどもの予防歯科お口の健康を守り成長をサポート

小さいうちから正しい予防ケアを身に付け、“お口の機能”を守っていくことが、
お子様の健やかな成長と将来の健康につながります。

小さいうちから健康への意識を高め、健康を守る力を身に付けて行くことが大切です。

定期的な歯科受診が必要なつの理由

歯医者は「歯が痛くなったら行くところ」ではありません。「虫歯などの病気から歯を守るところ」です。しっかり予防すれば虫歯や歯周病は防げますし、歯並び・噛み合わせも、悪くならないように防げるケースがあります。

健康なお口を育てるために、定期的に歯医者を受診してもらいたいと強く願っています。

きむら歯科予防メンテナンスに来た姉弟

乳歯は虫歯になりやすく、 進行しやすい ~効果的な虫歯予防が必要です~効果的な虫歯予防が必要です

乳歯は、歯質が未熟なので、永久歯よりも虫歯になりやすく、進行しやすい特徴があります。厚さが半分程度なので、虫歯が進行すると、あっという間に神経にまで達してしまいます。
また、うまく歯磨きができていなかったり、乳歯の溝が細かいため、汚れが溜まりやすかったりすることも、虫歯のリスクを高める要因となります。
そのため、乳歯のうちは特に、より効果的な虫歯予防を行って、お子様の歯を守る必要があります。

乳歯と永久歯の違い

発達段階のお子様のお口の中は、日々変化しています ~歯並びや噛み合わせが悪くなるのを防ぐために~歯並びや噛み合わせが悪くなるのを防ぐために

歯や顎の成長は、顔の骨格や発音、身体の成長に影響します。顎がしっかり成長しなければ、歯列に影響し、さらなる悪影響を引き起こすのです。
成長期のお子様は、顎の成長をコントロールして、歯並び・噛み合わせが悪くなるのを防いだり、歯並びに影響する悪習慣を取り除いたり、成長期だからできる予防治療があります。
成長段階に応じて、より効果的な治療が行えるよう、定期的に歯医者を受診いただき、治療のタイミングを逃さないようにしていただきたいと思います。

歯磨きをする女の子

小さいうちからの「歯の教育」が大切です ~健康への意識を高め、健康を守る力を身に付けます~健康への意識を高め、健康を守る力を身に付けます

子供のうちから歯やお口の健康に対する意識・関心を高め、正しい知識やケアを身に付けることが、将来のお子様の健康に影響します。そのため、当院では「歯の教育」を重視しており、患者様向け講座(TBIセミナー)を実施しています。

メンテナンスの習慣づけ、正しい歯磨きの習得、健康の大切さを知ること…健康への意識や歯を守る力を子供のうちから身に付け、生涯お口の健康を守っていただきたいと思います。

親子

こども歯科メンテナンスメニュー

お子様の発育段階などに応じて、必要なメンテナンスを行っていきます。一人で診療台に座れないお子様は、親御さんの膝の上でメンテナンスを受けることも可能です。

お口のチェック

虫歯の有無や歯並び、生え変わりの状態などをチェックします。虫歯は、初期症状がないため、痛みなどの症状が出てからでは進行しているケースが多いです。早期発見で、歯を削ったりせずに治せる場合もあるため、定期的にチェックを受けることが大切です。

デンティストイラスト

歯磨き指導、仕上げ磨きサポート

虫歯・歯周病予防の基本は、毎日行う歯磨きです。毎日の歯磨きを正しく行い、清潔なお口を維持できるように、歯磨きの練習を行います。親御さんの仕上げ磨きに関するお悩みにもお答えしていますので、お気軽にご相談ください。

歯ブラシイラスト

フッ素塗布

フッ素には、再石灰化を促進して歯質を強くする効果があります。定期的にフッ素塗布を行うことで、歯を強くして虫歯を防ぎます。
フッ素塗布は、前歯が生え始める1歳くらいから受けられます。

シーラント

奥歯の溝を白い歯科用プラスチック(レジン)で埋めて、汚れを溜まりにくくし、虫歯にならないようにする処置です。乳歯や生えてきたばかりの未熟な永久歯の虫歯予防に、シーラントが有効です。

生活指導

お子様のお口の健康を守るには、しっかりプラークコントロールを行うことも大切ですが、おやつのとり方にも注意が必要です。与えるおやつや与え方(時間など)も影響するため、歯の健康を守る食習慣を身に付けることも大切です。