初診
WEB予約
マタニティ
歯科検診
マウスピース
矯正
Instagram

根管治療 ROOT CANAL

根管治療

根管治療は歯の寿命を左右する
精密さが求められる治療です

神経にまで達した進行した虫歯でも、適切な根管治療を行うことによって抜歯を回避できます。
精密な検査・診断によって歯を残せる場合も出てきます。

根管治療は、歯の土台をつくる治療であり、その歯の寿命を左右する大切な治療です。

当院は、可能な限り抜歯を回避できるよう、デジタル技術を駆使し、
確実性・精密性の高い根管治療にご提供しています。

「抜歯が必要」と言われた方にも、その歯を諦めることなく、当院へご相談いただけると幸いです。

デジタル技術・機器を駆使し、
精密性・確実性の高い
根管治療をご提供します

根管は、大変細く複雑な形状をしていて、歯茎の中にあるため直接目で確認することができません。そのため治療が難しく、治療の精度や確実性を高めるには、CTや専用機器を活用し、見えない部分も把握したうえで治療を行う必要があります。

当院では根管長測定器(PropexIQ)やCTを使って、根管の形状や深さを確認し、コンピュータ制御による根管治療を行い、医師の技術や勘に頼って治療をすることはありません。

根管長測定器(PropexIQ)
根管長測定器(PropexIQ)

根管長測定器(PropexIQ)

歯根の長さを測定する機器であり、治療の精密性向上にかかせません。根の長さを把握し、取り残しや根の先への負担を防ぎ、再発のない根管治療を可能にします。

X-スマート IQ

X-スマート IQ

X-スマート IQ

画面で治療のようすをリアルタイムで確認でき、治療の記録を残せます。ファイルという治療器具は、コンピュータ制御によって適切な速度・圧力の維持が可能です。

マイクロスコープを付けている、きむら歯科院長
マイクロスコープを付けている、きむら歯科院長

マイクロスコープ・
高倍率ルーペ

マイクロスコープやルーペの活用で、精密な根管治療も「見える化」が可能になります。拡大視野を獲得し、確実性の高い根管治療をご提供します。

根管治療の流れ

01
精密検査
レントゲンや歯科用CTを使って、患部の状態を把握します。
02
歯髄の除去
汚染した歯髄(歯の神経)をファイルという器具で取り除いていきます。薬剤が入りやすくなるように、根管の壁を整えます。
03
洗浄と消毒
歯根内に細菌が残っていると再治療の原因となるため、しっかり洗浄・消毒を行います。
04
薬剤の充填
根管に薬剤を入れていきます。隙間があると再感染のリスクが高まるため、薬剤を隙間なく充填します。
05
土台を入れる
歯の被せ物の土台となるコアを入れます。当院では、ファイバーコアというガラス繊維で作られたメタルフリーのものをおすすめしています。
06
被せ物の装着
土台に人工の歯をかぶせて治療は完了します。
きむら歯科の診察室

根管治療が必要な状態

根管治療が必要と診断されるのは、次のようなケースです。進行して、歯髄が死んでしまうと痛みが生じなくなりますが、炎症は治まっていません。早めの受診が抜歯の回避につながります。

きむら歯科の診察室

根管治療が必要な状態

根管治療が必要と診断されるのは、次のようなケースです。進行して、歯髄が死んでしまうと痛みが生じなくなりますが、炎症は治まっていません。早めの受診が抜歯の回避につながります。

歯髄炎

歯髄炎

歯髄炎

重度の虫歯によって歯髄が細菌感染し、炎症が起こった状態です。冷たい物・熱い物が歯にしみたり、何もしなくても痛みを感じたりします。

歯髄壊死

歯髄壊死

歯髄壊死

歯髄炎を放置すると歯髄壊死の状態になり、痛みを感じなくなります。神経の通う歯髄が壊死しているため痛みはありませんが、歯が変色することがあります。

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎

根尖性歯周炎

歯を支える骨にまで炎症が広がった状態です。虫歯から根尖性歯周炎まで進行することもありますが、根管治療を行った歯が発症することが多いです。