初診
WEB予約
マタニティ
歯科検診
札幌
ゼロペリオ
Instagram

マタニティ歯科 MATERNITY

マタニティ歯科

ママと生まれてくる赤ちゃんのために
マタニティ歯科をおすすめしています

妊娠中は、つわりがあったり、お腹が大きくなったりして、歯医者の受診が難しい時期もあるかもしれません。しかし、妊娠中は歯周病や虫歯のリスクが高まるため、適切な予防を行ってお口の健康を守っていくことが大切です。ママのお口の健康は赤ちゃんにも影響するため、お口の健康を守り、安心して出産の日を迎えていただきたいと思います。

妊娠中は特に
お口の健康管理が大切です

「一子を得ると一歯を失う」と言われるほど、妊娠・出産によって、ママのお口の健康状態は悪くなりやすいです。特に妊娠中はホルモンバランスの影響で、さまざまなトラブルが起こりやすいため、しっかりとした予防を行うことが大切です。

妊娠中は…

  • 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えて、歯周病のリスクが高まる
  • つわりがひどくて、歯磨きができなくなる
  • 食べ物の好みが変わり、甘い物や酸っぱいものばかり食べて虫歯になりやすくなる
  • 食べづわりで、頻繁に何かを口にしてしまい、口の中が不衛生になりやすい

赤ちゃんにママの虫歯を移さないために
マイナス1歳からの虫歯予防を

歯を磨く女性

生まれてくる赤ちゃんのお口の健康のために、「マイナス1歳からの虫歯予防」が大切だとされています。赤ちゃんのお口の中に虫歯菌はいませんが、周囲から移ります。そのため、一番近くにいるママ・パパのお口の健康管理が、赤ちゃんの虫歯予防につながるのです。
出産後は、歯医者に通うのが難しくなるため、赤ちゃんの虫歯予防のために、お腹にいるうちに虫歯の治療・予防を行っておきましょう。

歯を磨く女性

歯周病はママと赤ちゃんの健康に影響します

妊婦

妊娠中の歯周病を「妊娠性歯周炎」と呼びますが、妊娠特有の病気があるほど、妊娠によるホルモンバランスが歯周病のリスクを高めます。 歯周病はさまざまな全身疾患のリスクを高めますが、妊娠中の歯周病も例外ではありません。ママと赤ちゃんの健康のために、しっかり予防することが大切です。

妊娠中の歯周病によって…

  • 妊娠性糖尿病になりやすくなる
  • 妊娠性高血圧症(妊娠中毒症)になりやすくなる
  • 低体重児・早産のリスクが高まる

当院のマタニティ歯科

当院は、家族みんなで通っていただける医院づくりに努めています。
妊娠中も、そして出産後も、安心して受診いただけるよう、妊婦さんや子連れの方にやさしい医院を目指しています。

知識と経験が豊富な
女医が担当

妊産婦への歯科治療の知識と経験を積んだ、
副院長 木村瑠香がマタニティ歯科を担当します。

歯科医師「木村 瑠香」先生 歯科医師「木村 瑠香」先生

プライバシーが守られた
診療環境

プライバシーが守られた環境で、楽な姿勢で治療を受けて頂けるよう、配慮しています。

きむら歯科 診察室 きむら歯科 診察室

出産後も通いやすい環境を
整えています

当院はベビーカーのままお入りいただけますので、産後もご家族で受診いただけます。

赤ちゃんの世話をする歯科医師 赤ちゃんの世話をする歯科医師

妊娠中の歯科受診に関する
よくあるご質問

Q1いつから受診できますか?

妊娠がわかったら、すぐに歯医者を受診していただきたいです。もちろん、安定期に入るまでは体調が不安定だと思いますので、体調をみながら早めの受診をおすすめしています。当院では、妊娠の状態をみながら、無理なく治療を進めてまいります。出産後は通院が難しくなることを考慮し、出産までの期間内で、治療を一通り完了できるような治療プランをご提案します。

妊娠初期
(1~4ヵ月)
妊娠中期
(5~8ヵ月)
妊娠後期
(9ヵ月~)
体調をみながら、
まずはお口のチェックにいらしてください。
体調や妊娠の状況に問題なければ、虫歯・歯周病の治療、予防処置などができます。 妊娠の状態や体調をみながら、可能な治療を行います。

Q2麻酔や痛み止めはお腹の
赤ちゃんに影響しませんか?

歯科で使用する局所麻酔は、適量であれば赤ちゃんに影響することはありません。痛みを我慢して治療を受けることの方が、赤ちゃんやママに悪影響だと言えます。また、痛み止めや抗生物質は、妊娠中の服用して問題のないものしか処方しません。

Q3妊娠中にレントゲンを
撮影しても大丈夫ですか?

極力レントゲンを撮影しませんが、正確性の高い診断・治療のためにどうしても必要な場合もあります。しかし、当院で導入しているレントゲンは被ばく量が抑えられており、防護用のエプロンを使用して、お口の部分だけ撮影しますので、赤ちゃんへの影響はありません。