初診
WEB予約
マタニティ
歯科検診
マウスピース
矯正
Instagram

メタルフリー METAL FREE

メタルフリー

白く自然な歯へとメタルフリー治療

メタルフリー治療とは、金属製の補綴物(銀歯など)を使わずに、虫歯などの治療を行う方法のことをいいます。銀歯は長持ちする反面、見た目が悪く、気兼ねなく口を開けることに抵抗を感じる方も少なくありません。

当院は口元の美しさは自信につながると考えているため、天然歯のような色、形、透明感を再現し、自然な見た目になるよう作り変えます。また、メタルフリー治療では口元の見た目だけでなく、銀歯が原因で起こる症状の解消にもなります。

歯科金属の影響は
見た目だけではありません

金属製の補綴物(詰め物・被せ物)の影響は見た目だけに留まらず、手足のかゆみや目眩といった体全体へも現れます。
また、多くの場合、使っているうちに金属から溶けだした金属イオンを体が吸収することによって発症するため、治療後すぐに症状が現れることは少なく、体調不良の原因が銀歯だと思っていない方も少なくありません。

  • 湿疹
  • 手足の痛みやかゆみ
  • 歯茎の黒ずみ
  • 口内炎・口唇炎
  • 頭痛・めまい
  • など…

メタルフリー治療のための
設備・機器

メタルフリー治療は、歯科金属による見た目や身体への悪影響を改善できる治療法です。
当院では、ただメタルフリー治療を行うだけでなく、より精密で患者様への負担が少ない治療をご提供するために、積極的に設備や機器を揃えています。

セレックシステムで短時間の治療が実現

セレックシステムとは、コンピュータ制御によって補綴物の設計と製作を行う機械です。
光学印象カメラでスキャンしたお口の中の画像データをもとに、専用のソフトウエアでセラミック製の補綴物を設計します。機械が、設計データ通りにセラミック製の補綴物を削り出します。

通常、補綴物の製作は外部の歯科技工所に依頼するため、装着できるまでに日にちがかかっていました。しかし、セレックシステムは設計から製作までできるため、治療当日にセラミック製の補綴物を装着することができます。

セレックシステム

マイクロスコープを使用した精密な治療

マイクロスコープ(医療用顕微鏡)は、患部を拡大するための医療器具です。ルーペよりも大きく拡大されるため、眼科や脳外科などでも使用されます。虫歯治療などにおいて利用することで、悪くなった部分の取り残しや健康な歯の削る量を抑えることができるため、銀歯を使わずに済むようになります。

また、補綴物やコアを入れる際に、マイクロスコープを使用することもあります。肉眼では確認できない、細菌が入り込める隙間が歯との間にできないよう確認しながら装着することで、虫歯などの再発率を抑制します。

マイクロスコープを使用している木村歯科院長

メタルフリー治療で使う
素材について

通常、金属製の補綴物を入れるケースでも、メタルフリー治療として金属を使わない素材に変更が可能です。詰め物・被せ物だけでなく、被せ物を支える土台の素材も選択できます。

ジルコニア(セラミック)

セラミックの1種であるジルコニアは、金属素材と比較して、多くの点で優れています。
見た目を天然歯のように変えるだけでなく、虫歯再発のリスクを抑えるなどの利点があります。

ジルコニア(セラミック)
  金属 ジルコニア
見た目 ×
治療部位がかなり目立つ

透明感のある本物のような見た目
寿命 ×
3~5年程度。
金属が錆びたり、セメントが溶けたりする

10~20年程度。
メンテナンス次第ではそれ以上長持ちすることも
変色
経年により黒っぽくなる

ほとんど変色しない
歯茎への影響 ×
経年により金属周辺の歯茎が黒っぽくなる
(メタルタトゥー)

ない
治療期間
歯科技工所に銀歯を作ってもらう必要があるため、時間がかかる

院内で作製できるため、
当日中に治療が完了するケースが多い
※患部の状態によります
二次カリエスのリスク
※虫歯再発のリスク
×
経年劣化により歯との間に隙間ができて、
そこから虫歯が発生しやすい

劣化しにくいためジルコニアと歯の間に隙間ができにくく、また表面に汚れが付きにくい

コンポジットレジン

レジンレジンは、保険診療で詰物・被せ物の素材として使われています。メタルフリー治療で使われる自費診療のレジンは、ジルコニアには劣るものの、保険診療のものよりも劣化や摩耗、変色がしにくくなっています。

また、同じ自費診療のジルコニアよりも安価に治療を受けることができます。

レジン

ファイバーコア

ファイバーコア根管治療を行ったあと、歯を補強するために作る土台のことを「コア」と言います。金属製のメタルコアがありますが、メタルフリー治療では、ガラス繊維で作られたファイバーコアを使用します。

ファイバーコアは天然歯に近いしなやかさを持っているため、根管治療後の弱くなった歯根を傷つけにくい素材と言われています。また、光を透過するためセラミックの被せ物をしてもメタルコアのように、不自然に黒ずむことがありません。

ファイバーコア

メタルフリー治療について
当院へご相談ください

気になる銀歯をメタルフリー治療で、白く自然な見た目にしたいと考える方は、
ぜひ一度当院へご相談ください。使われる素材や治療内容など、
どのようなことでもお聞きください。

特に費用は、自費診療のため高額になりがちで、お支払いを心配する方も少なくありません。その点についてもご相談に乗っておりますので、まずはお気軽にご予約ください。

初診WEB予約

コンポジットレジン・セラミック治療をお考えの方へ

治療内容 保険診療と同様の虫歯治療を行った後、銀歯の代わりにコンポジットレジンやセラミック(ジルコニア)製の補綴物を入れます。
費用 審美目的のメタルフリー治療は自費診療となります。
  • ジルコニアクラウン
    ※1本につき 120,000円~
    140,000円

    (税込132,000~154,000円)
  • コンポジットレジン
    ※1本2窩洞まで 10,000円
    (税込11,000円)
起きうるリスク・副作用
  • 一定の強度を保つため、金属の補綴物よりも歯を削る量が多少増えます。
  • 歯ぎしりなど癖がある方は、補綴物への負担が大きくなるため、就寝中にマウスピースを装着していただくなどの対策が必要になることがあります。
  • セラミックの性質上、強い衝撃が加わると欠けることがあります。
  • コンポジットレジンはセラミックに比べると、摩耗や着色しやすいです。
  • 定期的なメンテナンスを行わないと破折や脱落のリスクが高まります。